新着情報

3月の定休日のお知らせ

2017年02月20日
カテゴリー : お知らせ

3月の定休日は、下記の通りです。

7日(火)

14日(火)

21日(火)

28日(火)

月刊京都(2017年3月号)に掲載されました

2017年02月16日
カテゴリー : 掲載情報

月刊京都(2017年3月号)で日本酒とスィーツを愉しめるお酒カフェとして
当店をご紹介いただきました。

ぜひ、ご覧ください。

2月下旬の和菓子は「桃の里」

2017年02月15日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

桃の里

2月下旬の和菓子は「桃の里」です。

のどかな春の陽の光は、花の色も芽吹きの色も溶かして、春色の霞をつくります。
この菓子は、そんな春の光の揺らめきと輝きをうつしたきんとんです。

白あんをみどりと桃色に染め、練りきりで白を。
三色のきんとんでうららかな春の里をあらわした菓子に、お酒をひと口。

ふんわりとやさしい春の気配を感じてみてください。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

2月上旬の和菓子は「わらび餅」

2017年02月02日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

わらび餅

2月上旬の和菓子は「わらび餅」です。

京菓子の世界では立春をめどにして、わらび粉を練り上げ、
こしあんを包み、きな粉でまぶします。

熱く練ったわらび粉を、かじかんだ手の平にとって、
あんを包むとき、その温もりに春の到来を感じることができます。

最近はめっきり少なくなってしまいましたが、本物の蕨粉を使っています。
香ばしいきな粉の香りと、つるりとした食感がおいしさです。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

1月28日(土)は15時まで団体のお客様全席ご予約の為、貸し切りとなります。

2017年01月27日
カテゴリー : お知らせ

1月28日(土)は15時まで
団体のお客様全席ご予約の為、貸し切りとなります。

物販は通常通り11時からです。

15時以降は飲食も再開いたします。
ご不便をかけて申し訳ありません。

2月の定休日のお知らせ

2017年01月23日
カテゴリー : お知らせ

2月の定休日は、下記の通りです。

7日(火)

14日(火)

21日(火)

28日(火)

1月下旬の和菓子は「下萌」

2017年01月16日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

下萌

1月下旬の和菓子は「下萌」です。

下萌とは雪におおわれた地面から草の芽が萌んで顔をのぞかせる様子をあらわし
「草萌」や「草萌ゆる」ともいい、春の兆しを表現しています。

春の訪れを感じさせてくれるよもぎの新芽の柔らかい部分のみ
摘み取ったものが最上のものとされています。

古来より薬草として利用されてきたよもぎには、邪気を払う力があると信じられ、
ひな祭りや端午の節句などのハレの日にはよもぎを使った料理が多くありました。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

1月中旬の和菓子は「花びら餅」

2017年01月11日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

花びら餅

1月中旬の和菓子は「花びら餅」です。

花びら餅は、宮中に年賀のために参列した人々に、
お雑煮の代わりに出された味噌と叩きごぼうをはさんだ餅が原型とも言われています。
味噌の入った白餡と煮いたごぼうを羽二重餅にはさんでいます。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

※1月15日までのご提供になります。

1月上旬の和菓子は「絵馬」

2017年01月05日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

絵馬

1月下旬の和菓子は「絵馬」です。
絵馬の形にした薯蕷に干支の焼印を押した正月の代表銘菓です。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

※1月9日までのご提供になります。

クリスマス時期の和菓子は「聖夜」です。(終了しました)

2016年12月19日
カテゴリー : 軽食&喫茶メニュー

聖夜
「聖夜」

クリスマス時期の和菓子は「聖夜」です。
緑に染めたきんとんでクリスマスツリーを作り、
色とりどりのこなし製の玉でツリーのデコレーションを、
最後に寒天の星をのせてみました。

12月25日までのご案内です。

・「和菓子と日本酒セット」・・・・1,000円(税別)
・「和菓子とフレーバー茶セット」・・・・1,000円(税別)

1 2 3 4 12