閉じる

ログアウトしてもよろしいですか?

買いもの

「ふーふーふー」は、おでんの日。

2017.2.15

FacebookTwitterGoogle+
oden

吐く息は白く、指もかじかむような寒い冬の日。
屋台やコンビニ、隣家から漂うおでんの香りに誘われて、平常心でいられる日本人は少ないのでは。

「ふーふーふー」。
2月22日は「おでんの日」です。
おでんを口に入れるため、「ふーふーふー」とホクホク顔で息を吹きかけるしぐさから、2月22日は「おでんの日」と定められました。

この時期、誰もが食べたくなるおでん。
それはもはや、「日本の冬の風物詩」と言っても過言ではないでしょう。

ところで、今あなたが思い浮かべている、そのおでん。
もしかすると、別の人が考えているおでんとは全く別の食べ物なのかも知れません。
実は、おでんは、地域差が非常に大きい料理。
今回は、日本全国おでん巡りの旅に出発です。

◆北海道・東北
北海道や東北のおでんは、ご当地ならではの豊富な魚介類が、具材に用いられるのが特徴です。
新鮮なホタテやツブ貝は、一度食べたらヤミツキになってしまいます。
フキやワラビなどの山菜が入っていることも多く、初めて見た人は驚いてしまうことも。
だし汁は、北海道は昆布、仙台は煮干しから取ることが多いでしょう。
青森県ではつけだれとして、生姜味噌だれが使われます。

◆関東
自家製のイワシのつみれやはんぺん、ちくわぶが特徴の関東風おでん。
かつお節のだしをきかせ、美味しく作り上げます。
「すじ」と聞くと、関西の牛すじを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、関東の「すじ」は全くの別物。
魚から作られたねりものの一種で、魚の軟骨や筋の食感を堪能しましょう。

◆中部
名古屋のおでんは、やはり味噌味。
静岡県では、「黒はんぺん」と呼ばれる具材が特徴的です。
通常のはんぺんとは違い、イワシやサバなどの青魚が使われるため、少し黒みを帯びて見えます。
青のりとイワシの削り節などの「だし粉」をかけて戴きましょう。
この地域のおでんは、具が竹串に刺さっているのが一般的です。

◆関西
「関東煮(かんとうだき)」と呼ばれることも多いこの地域のおでん。
薄口しょうゆを使うため、少し甘辛く炊き上がります。
大阪では、昔、おでんと言えば、具材にクジラを入れていました。
現在は、クジラはほとんど入手できませんので、牛すじやタコでコクを出すことが多いでしょう。
京都では京野菜や湯葉を入れることもありますね。

◆中国・四国
四国のおでんも、つけだれがよく利用されます。
辛し味噌をつけて戴くおでんに、思わず食が進むでしょう。
じゃこ天もこの地域独特の人気の具材の一つです。

◆九州・沖縄
異国文化の風を感じられる九州・沖縄地方。
それは、おでんにも通じます。
博多を中心に広まった餃子巻やシューマイ巻。
基本は昆布だしですが、時には、鶏からだしを取るのも味わい深いものです。
沖縄では、豚足、ウィンナー、青菜も入れ、やや塩味のきいた美味しいおでんが楽しめます。

いかがでしょうか?
作られる地域によって、具材も違えば、だしも異なり、味も香りも千差万別。
それなのに、どこのおでんもやっぱり、いずれ劣らず美味しくて。

雪が強く風が冷たい、こんな寒い日には、おでんが食べたくなるのです。

「ふーふーふー」と息を吹きかけなければ食べられない熱々のおでんに、これまた熱燗が驚くほど似合います。
温かな食卓に、美味しいおでんと旨い日本酒があれば、先ほどまで感じていた外の寒さなんてすぐ忘れてしまいますね。

そこで今回は、「おづ」の数ある日本酒の中から、特に、熱燗にすると味わい深くなるお酒を2つ、ご紹介いたします。
2月22日の「おでんの日」は、美味しい熱燗とともに、おでんを食べながらぽかぽかと温まりませんか?

・「白鹿 オータンティック 500ml」
完成された旨味。白鹿の正統派の味わい。

810円 (税込)

すっきりとした後口は、おでんの風味を一層引き立ててくれるはずです。
おでんの堂々たる美味しさには、正統派の日本酒の熱燗がピッタリです。


・「白鹿 檀 特別本醸造 500ml」
シルクのように繊細で上質な旨みとキレ。

939円 (税込)

こちらは、すっきり辛口、山田錦を100%使用した本醸造酒です。
キレのある辛口の酒をぬる燗で、おでんダネの甘みがぐーっとひき立ちます。


「おかえりなさい」。
「ただいま」。
寒さで冷え切った身体。
仕事に家事に疲れた心。
そんな、あなたを癒すのは、我がふるさとのおでんの味。
そして、我がニッポンの熱燗の味。

掲載商品ご購入はこちら



オータンティック


完成された旨味。白鹿の正統派の味わい。



白鹿 オータンティック 500ml


810円 (税込)

商品詳細はこちら

スタッフおすすめ

FacebookTwitterGoogle+

関連記事