閉じる

ログアウトしてもよろしいですか?

買いもの

一澤信三郎帆布とのコラボバッグが新登場。

2015.7.10

FacebookTwitterGoogle+
r_main_150707

お酒もカバンも「こだわりのあるもの」こそ、素晴らしいと思いませんか?
日本が世界に誇れる文化「ものづくり」が生み出した「一澤信三郎帆布×おづ」のオリジナルトートバッグが登場です。

これを買うために京都を訪れる外国人もいると言われているのが、一澤信三郎帆布のかばん。
京都を代表する「ものづくり」の工房は、東大路通沿い、八坂神社、知恩院の並びにあります。

元々こだわり派が多いと言われる京都人。
そのお眼鏡にかなう素敵なカバンは、やはりこだわり抜かれて作られています。
生地の選び方、染め、道具…。
ハサミで生地を裁つところから、職人さんたちの手作業で成り立っていきます。
ミシンも、最近流行りのコンピューター制御のものなど使いません。
熟練の職人さんたちが奏でる、戦前から変わらない昔ながらのミシンの音こそ、こだわりの証です。


このように、知恵と技術が合わさって作られた「こだわりあるもの」は、カバンであれ、お酒であれ、国境や世代を越えて、長く愛されてゆくのです。


今回おづでは、そんな一澤信三郎帆布とコラボし、オリジナルトートバッグを発売することになりました。
日本文化の「こだわり」と「こだわり」のコラボレーションとも言えるこのトートバッグ。ファッションにキラリと光る和の個性を取り入れたいという人にピッタリです。

絵柄は、小粋な「花札」をモチーフにしてみました。
紅葉を振り返り見る鹿は茜地
柳に小野道風は、鮮やかな菜の花色のバッグです
松と鶴というおめでたい取り合わせは、古代紫色ですから、年代を問わずプレゼントにも最適です
芒に月のお洒落な漆黒のトートバッグは、和装にも洋装にも映える優れもの

さらに実用性も重視するのが、一澤信三郎帆布です。
サイズは、縦22×横(上39/下27)×マチ12cmと機能性抜群の大きさ。
B5サイズも入り、お酒の4合瓶だって、横向けに入れることが可能です。

伝統の中に遊び心のある、まさに京都が生んだ「こだわりあるもの」。
街で思わず注目を浴びそうな予感がしますね。
「一澤信三郎帆布×おづ」のオリジナルトートバッグは、8,856円(税込)で新発売です。

スタッフおすすめ

FacebookTwitterGoogle+

関連記事