閉じる

ログアウトしてもよろしいですか?

買いもの

ココロもカラダもあたたまる 今夜は燗酒!

2017.11.9

FacebookTwitterGoogle+
おすすめの燗酒 寒くなってきて、そろそろ「燗酒」のおいしい季節になってきました。
ひと口に「燗酒」と言っても、温度で味わいが変わることはご存知でしょうか?
40度前後の温度でもっとも甘味を強く感じ、温度が高ければ高いほど酸味を強く感じます。

また、温度の違いで呼び名も変わります。
「日向燗」「人肌燗」「ぬる燗」「上燗」「熱燗」「飛びきり燗」…
日本らしい風情があると思いませんか。

「燗酒」はカラダもあたたまり、リラックス効果もあるそうです。
今回は「燗酒」におすすめの日本酒をご紹介しますので、
お鍋やおでんといったあたたかい料理と一緒に、好みの温度を見つけてみてはいかがでしょうか。

「日向燗」には『特撰 黒松白鹿 喜十郎 特別本醸造』がおすすめ

日向にいるようなぽかぽかとした30度前後に温めたお酒を「日向燗」と呼びます。
甘味が少したつ日向燗には、やや辛口の『特撰 黒松白鹿 喜十郎 特別本醸造』がおすすめです。

「人肌燗」には『超特撰 黒松白鹿 特別純米山田錦』がおすすめ

お猪口を触ると温かく感じる体温に近い35度前後に温めたお酒を「人肌燗」と呼びます。
「人肌燗」には味わいの強い日本酒、例えば『超特撰 黒松白鹿 特別純米山田錦』がおすすめです。

「ぬる燗」には『黒松白鹿 薫 山田錦』がおすすめ

お猪口を持つと熱いかなと感じる40度前後の温度のお酒は「ぬる燗」と呼ばれます。
甘味や旨みを強く感じる「ぬる燗」には、味のバランスがいい『黒松白鹿 薫 山田錦』がおすすめです。

「上燗」には『白鹿 檀 特別本醸造 500ml』がおすすめ

お猪口に注いだ時に湯気が出てくる45度前後は「上燗」と呼ばれます。
すっきりとしているのに旨みを感じる『白鹿 檀 特別本醸造』はぜひ「上燗」で味わっていただきたいお酒です。

「熱燗」には『上撰 黒松白鹿 超辛』がおすすめ

徳利から湯気が上がる50度前後の温度のお酒は「熱燗」と呼ばれ、香りが変わり辛口な印象に変化します。
「熱燗」にすることで『上撰 黒松白鹿 超辛』のまろやかに変化する酸味と甘味をお楽しみください。

「飛びきり燗」は飛びきり辛口がお好きな方におすすめ

55度前後の「飛びきり燗」になると酸味とアルコールの刺激を強く感じるので、より辛口に感じます。
辛口の日本酒好きの方はお気に入りのお酒でお試しください。

はじめて「燗酒」に挑戦するなら『上撰 黒松白鹿 本醸造』

「燗酒」を飲んだことがない方には、スタンダードな味わいの『上撰 黒松白鹿 本醸造』がおすすめです。
まずこのお酒でお好みの温度を見つけてください。

スタッフおすすめ

FacebookTwitterGoogle+

関連記事