セミナーレポート

「フレンチシェフ ドミニク・コルビが創りだす新年を祝うフレンチ割烹とsakeのマリアージュセミナー」レポート

2016年01月29日
カテゴリー : 酒文化セミナー

2016年1月24日(日)におづKyoto - maison du sake - にて、フランス料理シェフ ドミニク・コルビ氏による「新年を祝うフレンチ割烹とsakeのマリアージュセミナー」を開催しました。

 

2週連続でお届けした“新年を祝うフレンチ割烹”、今回も贅沢な祝いのコースをご用意していただきました。
前菜のサーモンとエビのテリーヌ~春野菜の花畑~は色鮮やかな、目でも春を愉しめる一品と旨味抜群の「特撰 黒松白鹿 黒松 純米 もち四段仕込」と召し上がっていただきながら、おづKyotoで演出する椹(さわら)の桶や酒器の魅力と共に本日の料理とSakeのマリアージュのポイントを伺いました。

メインには伊賀牛のブレゼ~味噌とジュドブフのソース~、

柔らかくなるまで煮込んだ牛肉の旨みと味噌がアクセントのソースが絶品の一品でした。

 


毎回好評のコルビシェフのセミナー、次回は2016年2月7日(日)にセミナーを開催します。
この機会に是非、フレンチ割烹と日本酒のマリアージュを体験してみませんか?

 

「フレンチシェフ ドミニク・コルビが創りだす新年を祝うフレンチ割烹とsakeのマリアージュセミナー」レポート

2016年01月21日
カテゴリー : 酒文化セミナー

2016年1月17日(日)におづKyoto - maison du sake - にて、フランス料理シェフ ドミニク・コルビ氏による「新年を祝うフレンチ割烹とsakeのマリアージュセミナー」を開催しました。

 

毎回、好評のコルビシェフのセミナーの2016年第一弾は”新年を祝うフレンチ割烹”にふさわしい贅沢なコースをご用意していただきました。
乾杯は、15日に入荷したばかりの「黒松白鹿 六光蔵 初しぼり 本醸造原酒」に桜の花びらを浮かべて見た目も華やかに演出し、前菜はフォアグラとホロホロ鳥のテリーヌに早春を感じる野菜を添えた一品で始りました。

20160117-3

20160117-2

メインにはコルビシェフの新作、オリーブオイルと出汁醤油で作ったソースでを使用したフレンチ雲丹丼とSakeが良く合い、参加者の皆さまの”美味しい”をたくさんいただきました。

次回は、2016年1月24日(日)にセミナーを開催します。

今回とはテーマ、料理内容が異なりますので、連続での参加もおすすめです。
この機会に是非、フレンチ割烹と日本酒のマリアージュを体験してみませんか?

「Sakeとワインの優雅なヒストリア」セミナーレポート

2016年01月21日
カテゴリー : 酒文化セミナー

2016年1月16日(土)おづkyotoにて、ワインエキスパート福田武氏による、「Sakeとワインの優雅なヒストリア」セミナーを開催しました。

2016011620160116-2

今回は、福田さんがボトルのデザインをされた辛口シャンパン”GONET”とボジョレーヌーボーと共に、日本でどのようにワインが伝わり、発展してきたのかを歴史の背景と紐づけて教えていただきました。
参加者の方も実際に行ったことがある寺院の仏像などに、ワインの歴史の足跡が刻まれているお話を聞くと、次回訪れた時にはそんな視点で見てみたいという声があがりました。

福田さんのセミナーでは毎回、文化圏の違うお酒を”歴史やルーツ”という広い世界観で愉しむ事が出来ます。Sakeも、同じ醸造酒として昔からこよなく愛されてきた秘話などを実際の歴史上の人物の物語に交えてお話いただきました。文化や歴史と愉しむお酒はおづkyotoならではです。

 

20130116-3

 

 

 

 

”年末の宴”ドミニク・コルビシェフのフレンチとSAKEセミナーレポート

2016年01月05日
カテゴリー : 酒文化セミナー

2015年12月27日(日)におづKyoto - maison du sake - にて、フランス料理シェフ ドミニク・コルビ氏による「”年末の宴”ドミニク・コルビシェフのフレンチとSAKEセミナー」を開催しました。

 

今回も、当日の朝市場で採れたての新鮮な野菜をふんだんに使用したフレンチ割烹をご用意いただきました。
前菜には、体が温まる味噌ペーストのスープ。メインは、コルビシェフから少し遅れたノエルをお届けと、牛肉の赤ワイン煮込み、デザートは苺のフレンチジャポネクリームとボリュームのあるメニューでした。

 

おづkyotoでは、食とのマリアージュはもちろん、様々な酒器でその日のシーンをより贅沢に演出します。
最初は、おづkyoto限定の「おづプルミエ」をマティーニグラスでシェフとみなさまで乾杯。そして味噌ペーストのスープには、隠し味に日本酒が入っており、味噌のコクと相性の良い「檀 特別本醸造」を椹(さわら)の酒器に桶から注いでご提供しました。

椹の香りをほのかにまっとた日本酒とフレンチ割烹のマリアージュを体感いただき、シェフのお人柄あふれる和やかなセミナーとなりました。

20121227 2

次回は、2016年1月17日(日)24日(日)と2週連続の新年にぴったりの豪華なセミナーでございます。
2週ともテーマ、料理内容が異なりますので連続での参加もおすすめです。
この機会に是非、フレンチ割烹と日本酒のマリアージュを体験してみませんか?